エコキュート

エコキュートの選び方

1.ご家族の人数と使用湯量を検討しましょう。

昼間の沸き増しの必要がなく、おトクにお湯が使えるタンク容量を検討してみましょう。

家族人数 対応するタンク容量 お湯の使用料の目安(42℃換算・冬季) 合計
浴槽湯張り+シャワー+洗面・台所
5〜7人家族 550L 1回(200L)+7回(560L)+洗面・台所(150L) 910L
4〜5人家族 460L 1回(200L)+5回(400L)+洗面・台所(150L) 750L
3〜4人家族 370L 1回(200L)+4回(320L)+洗面・台所(150L) 670L
2〜3人家族 300L 1回(200L)+3回(240L)+洗面・台所(150L) 590L
1人(ワンルームマンション用) 200L 1回(150L)+2回(160L)+洗面・台所(40L) 350L
1人(ワンルームマンション用) 150L 1回(150L)+1回(80L)+洗面・台所(40L) 270L
  • 試算条件:タンク内湯温80℃・給水水温5℃・シャワー温度42℃・浴槽湯張り温度42℃として計算。
  • 浴槽容量200L(ワンルームマンション用は150L)
  • シャワー流量は高圧力型で1階給湯時を想定し、毎分10L、1回で平均8分間浴びるものとして計算。
  • 洗面・台所は、1日に150L程度(ワンルームマンションは40L程度)のお湯を使うと想定(当社試算)。
  • 上記の使用湯量の目安は、浴槽の大きさ、シャワーの使い方などによって変わります。

2.エコキュートの機能を検討しましょう。

フルオート

お湯張りから足し湯まで全自動でコントロール。

エコキュート給湯機・フルオートタイプ

セミオート

自動でお湯張り。差し湯、足し湯もできます。

エコキュート給湯機・セミオートタイプ

給湯専用

手動で給湯するシンプルなタイプ。

エコキュート給湯機・給湯専用タイプ

3.設置場所は?

設置場所に応じて、タンクの形状を工夫したタイプもあります。

標準タイプ

それぞれのユニットがセパレートとなっている一般的なタイプ。

標準タイプ

タンク一体型タイプ

タンク一体型のエコキュートならさらに省スペース。

タンク一体型タイプ

薄型省スペースタイプ

奥行きを薄くすることで狭地でも設置可能に。

薄型省スペースタイプ

4.多機能型もあります。

給湯+床暖房+浴室暖房乾燥

多機能タイプなら、1台のエコキュートで「給湯」「床暖房」「浴室暖房乾燥」ができます。

エコキュート・多機能タイプ

給湯+浴室ミストサウナ

エコキュートに浴室ミストサウナ機能をつけることができます。

エコキュート・ミストサウナ

このページのトップへ戻る