太陽光発電

太陽光発電の効率を上げる

太陽光発電システムは、お客様それぞれの設置条件により発電量が異なります。発電量に関係する要因についてご理解いただき、最適な設置をご検討ください。

同一面、同一勾配の設置が理想です。

太陽電池モジュール設置場所

太陽電池モジュールは同一面、同一角度の屋根への設置が理想です。屋根形状により分割設置する場合、発電量の低下が生じます。

南面設置が理想です。

設置する屋根の方位

南を100%とした場合、東西はそれぞれ約85%、東南・西南はそれぞれ96%となります。

屋根勾配30°前後が理想です。

屋根の勾配

30°前後が理想ですが、±10°前後程度なら発電量はそれぞれ低下しません。

影の影響のないことが理想です。

周辺環境

木や電柱などが周辺にある場合、方角によって影の影響を受けます。発電量が低下することがありますので、弊社までご相談ください。

季節によって発電量が異なります。

月刊予測発電量と電気料金換算

天候および朝・昼・夕方で発電量が異なります。

一日の天候の変化

地区により発電量が異なります。

地区による日射量の違い

システム自体のロスもあります。

システム関連の損失

このページのトップへ戻る